2020年03月02日
大阪市高速電気軌道株式会社
住友商事株式会社

日本初、鉄道トンネル内5G基地局シェアリングの実証実験を開始~Osaka Metro御堂筋線なんば駅―心斎橋駅間で実施~

大阪市高速電気軌道株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:河井英明、以下「Osaka Metro」)と住友商事株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員 CEO:兵頭誠之、以下?住友商事?)は、複数の携帯電話事業者向けに提供する5G基地局の地下空間での2021年度中の実用化を目指し、2020年10月(予定)から、Osaka Metro御堂筋線なんば駅―心斎橋駅間で実証実験(以下「本実証実験」)を行います。5G基地局シェアリングの実証実験を鉄道トンネル内で実施するのは日本初となります。

5Gは、超高速?大容量?低遅延の通信を実現する次世代通信技術であり、モビリティ分野や医療分野など、さまざまな産業での活用が期待されています。一方、周波数の特性上、4Gと比較してより多くの基地局の設置が必要ですが、現在は関東においても特に地上での基地局整備が先行しています。将来的に全国で5Gサービスが展開されるためには、その他の地域や地下へも着実に基地局を整備する必要があります。

Osaka Metroと住友商事は、本実証実験において、御堂筋線なんば駅と心斎橋駅の間の鉄道トンネルおよび駅構内などに5G基地局を設置し、複数の携帯電話事業者向けに基地局シェアリングを行います。高低差などによって電波が遮断されやすい鉄道トンネルにおいて、基地局間の接続性を検証するほか、車内や駅構内の映像を5Gでリアルタイムに伝送し、防犯や混雑状況の把握に活用することが可能か検証します。
なお、Osaka Metroは基地局の設置場所の提供、ラックや電源、光ファイバー回線といった基地局の土台となるネットワークの構築などを、住友商事は5G共用アンテナシステムなどの開発と調達を行います。

Osaka Metroは、本実証実験で得られた成果をOsaka Metro Groupの地下空間(地下鉄および地下街)に展開することで、大阪?関西万博に向けて早期に5Gへ適応した最先端の通信インフラ環境を整備していきます。

住友商事は、これまで東急株式会社や東京都港区と連携し、5G基地局シェアリングの実証実験を推進しています。今後も、企業や自治体などと連携し、早期の5Gネットワーク整備に貢献すべく検討を進めていきます。

<参考資料>

■実証実験概要
(1)実施機関 : 2020年10月(予定)~
(2)実施場所 : Osaka Metro御堂筋線なんば駅―心斎橋駅間の特定箇所
(3)実験内容 : 5G共用アンテナシステムの技術検証など

■鉄道トンネル内 5G共用アンテナ設置イメージ図

■電車内の防犯カメラと5Gアンテナの連動イメージ図

※鉄道トンネル壁面等へ設置

■住友商事のマテリアリティ(重要課題)
住友商事グループは『社会とともに持続的に成長するための6つのマテリアリティ(重要課題)』を、事業戦略の策定や個々のビジネスの意思決定プロセスにおける重要な要素と位置付け、事業活動を通じて課題を解決することで持続的な成長を図っていきます。本事業は、特に「地域と産業の発展への貢献」「快適で心躍る暮らしの基盤づくり」「多様なアクセスの構築」に資する事業です。


本件に関する問い合わせ先
住友商事株式会社 広報部 報道チーム
お問い合わせフォーム
Top
亚洲欧美免费无码专区